ご挨拶

第21回日本精神科救急学会学術総会開催にあたって

この度、平成25年10月4、5日(金、土曜日)2日間にわたって学術総合センター(東京都千代田区)において、第21回日本精神科救急学会学術総会を開催することになりました。

当事者のニーズ中心、コミュニティ中心主義は、医療のあり方の本質です。この理念は精神保健医療のあらゆる分野に適用されるべきであり、救急サービスについても同じです。

第21回の学術総会では、当事者・コミュニティ中心の精神保健医療救急サービスの実践・エビデンス・教育をテーマに、精神科医のみならず、多職種のスタッフ、救命救急や災害医療の従事者、当事者・ご家族、市民の方々とともに、今後の日本の精神保健医療救急サービスの理念を創るきっかけ作りができればと考えております。このようなミッションの達成のために、優れた有識者を招聘して講演、プログラム等を充実させるとともに、若手研究者の奨励、保育サービス等の試みを導入する予定です。

ぜひとも、幅広い分野の方々にご参加いただけますようお願い申し上げます。

第21回日本精神科救急学会学術総会
大会長 笠井 清登
(東京大学大学院医学系研究科精神医学分野)



運営事務局

〒107-0052
東京都港区赤坂2-17-22
赤坂ツインタワー東館3F
株式会社インターグループ内
Tel:03-5549-6912
Fax:03-5549-3201
E-mail:
jaep2013@intergroup.co.jp

大会事務局

東京大学医学部附属病院
精神神経科内
事務局長:神出 誠一郎
(東京大学医学部附属病院
医学系研究科 精神医学分野)